映画『ある画家の数奇な運命』ドイツ激動の時代を生き抜いた一人の画家の物語。

アカデミー賞外国語映画賞も輝いた『善き人のためのソナタ』のフロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク監督が贈る、ドイツ激動の時代に数奇な運命を生きた若き芸術家の作品です。絵画は死んだと言われていた時代にあえて絵画で描くとき、思いもよらない真実が暴かれます。

【ストーリー】

ナチ政権下のドイツに少年クルトは叔母のエリザベトの影響から芸術に親しむ日々を送っていました。しかし、精神のバランスを崩した叔母は病院に連れ去られ、安楽死政策によって命を奪われます。

終戦を迎え、成長したクルトは東ドイツの美術学校に進学し、そこで出会ったエリーと恋に落ちます。彼女の父親で元ナチ高官のゼーバントこそが叔母を死に追いやった張本人なのですが、そのことに気が付かず二人は結婚します。やがて東ドイツのアート界に疑問を持ったクルトはベルリンの壁が築かれる前に西ドイツに亡命します。

晴れて美術学校で創作に没頭しますが、伝説的な教授から作品を全否定されアートとは何か悩みもがきます。魂に刻む叔母の言葉「真実はすべて美しい」を信じ続けたクルトは、ついに自分だけの表現方法を発見し新作を完成させます。その作品は罪深い義父の過去を震え上がらせる作品でもあったのです。

というストーリー。

【ドイツの巨匠をモデルにし描かれた物語】「ある画家の数奇な運命」は現代美術の巨匠にしてドイツ最高峰の画家、ゲルハルト・リヒターをモデルがモデルになっています。ドナーマルク監督がゲルハルトの著書や伝記に魅せられ映画化を申し込んだところ、人物名を変えて何が事実か事実でないかを絶対に明かさないことを条件に許可されました。

美しいドイツの風景を背景に戦争の悲惨さや分断されたドイツをクルトの絵画を通して描いています。出てくる絵画も見慣れたものから「これもアート?」と思ってしまうものもあり、とてもユニークで飽きません。さまざまな芸術のなかでクルトは何を描くのか、クルトにとって絵画とは何か問いかけてきます。またクルトとエリーの恋はとても情熱的に描かれています。クルトの出自を良く思はない義父ゼーバントは二人の仲を引き裂こうと卑劣な嘘でだましますが、思っている以上に二人は固い絆で結ばれており別れる気配がありません。二人には悲しい宿命を背負っていますが、それを乗り越えようとしていきます。クルトが芸術に悩みもがく中で真実から希望を見出します。彼はどんな絵画を描くのか、ぜひ劇場で確かめてください。

公開情報

監督・脚本・製作:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク(『善き人のためのソナタ』)
原題:WERK OHNE AUTOR
配給:キノフィルムズ・木下グループ/R-15
©2018 PERGAMON FILM GMBH & CO. KG / WIEDEMANN & BERG FILM GMBH &CO. KG
公式HP:neverlookaway-movie.jp
10/2(金)TOHOシネマズ シャンテkino cinema 立川高島屋S.C.館kino cinema 横浜みなとみらいほか全国ロードショー

予告編

Sassy (サッシー)

直感型おでかけアプリ

あなたの「行きたい!」友達と「一緒に行きたい!」が直感で探せてシェアできる新感覚おでかけアプリ。次々にピックアップされる画像を好きかどうか、スワイプするだけで次のおでかけ候補をセレクト!簡単操作とほしい機能が詰まったあなたのパートナー。新機能「おでかけDJセレクト」ではテーマにあわせたスポットをプロのおでかけDJが厳選!知らなかったあのカフェ、スイーツ、スポットに出会おう!

AppStoreでSassyをインストールする GooglePlayでSassyをインストールする