【映画】誰も想像できない驚異のノンストップ・サバイバル・アクション!『新感染半島 ファイナル・ステージ』

2016年のカンヌ国際映画祭でのワールドプレミアで驚愕と絶賛の嵐を巻き起こした『新感染 ファイナル・エクスプレス』から4年。 迫りくる“K-ゾンビ”による驚異のアフターパンデミックを描くノンストップ・サバイバル・アクション映画『新感染半島 ファイナル・ステージ』が、2021年1月1日(金)より、TOHOシネマズ日比谷他全国順次公開になります。

ストーリー

©2020 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & REDPETER FILMS.All Rights Reserved.

大金を奪うため半島に舞い戻った男を待っていたのは、凶暴な感染者だけではなかった、希望という名の脱出へのチケットは誰の手に──。

感染爆発が半島を崩壊させてから4年後、家族を守れなかった元軍人のジョンソクは、亡命先の香港で廃人のような暮らしを送っていた。そんな彼のもとに、ロックダウンされた半島に戻り、大金を積んだトラックを見つけ、3日以内に帰還するという仕事が舞い込む。

©2020 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & REDPETER FILMS.All Rights Reserved.

だが、潜入に成功したジョンソクのチームを待っていたのは、さらに増殖した感染者たちと、この世の地獄を楽しむ狂気の民兵集団631部隊。両者に追い詰められたジョンソクを助けてくれたのは、母ミンジョンと二人の娘の家族だった。大金を奪えばこの国を出られるという最後の希望にかけて、手を結ぶことにした彼らの決死の作戦とは──?というストーリー。

密室のパニックを描いた前作から一転、舞台は電車からスケールアップ!

©2020 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & REDPETER FILMS.All Rights Reserved.

前作『新感染 ファイナル・エクスプレス』では、密室状態で増殖する感染者の恐怖を描いた物語でしたが、本作では外の世界に解き放たれ、さらに増殖した感染者の恐怖と、退廃した街と残された人々の心情を描いています。前作が韓国初のゾンビ映画として注目されたポイントの一つが、感染者の驚くほど俊敏な動きでした。列車の中という動きに制限のあるスペースの中でも生存者たちを追い込んでいく脅威の身体能力を見せた感染者に恐怖し、絶望を感じた人も少なくないのではないでしょうか。

©2020 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & REDPETER FILMS.All Rights Reserved.

本作では、フィールドが外の世界となることで、前作以上のゾンビアクションが期待されます。本作の製作が決まった時、ヨン・サンホ監督も「前作よりスケールアップした世界観が作れるので、プレッシャーより喜びのほうが大きかった」とコメントしています。さらに本作ではいまだかつて見たことがないようなカーチェイスも繰り広げられるよう。ヨン監督は、「特に心血を注いだシーンだ。荒れた都市を背景に繰り広げられるカーチェイスを、現実感があるように作り上げるために大変な努力を傾けた」と解説しています。 アニメーション監督として培ってきた経験を活かし実写映画に初挑戦ながらも『新感染 ファイナル・エクスプレス』という大ヒット作を生み出したヨン・サンホ監督の待望の続編に期待が高まります。

『新感染半島 ファイナル・ステージ』を彩る豪華キャスト陣

©2020 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & REDPETER FILMS.All Rights Reserved.

ヨン監督は、「キャスティングはとても重要だった。結果、すべての俳優がそれぞれのキャラクターにずばりとはまったと思う」と、自信たっぷりのコメント。前作ではコン・ユ、マ・ドンソク等、韓国のトップスターの面々が集結していましたが、本作でも負けず劣らずの豪華なキャスティングがされています。

©2020 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & REDPETER FILMS.All Rights Reserved.

過去に捕らわれつつも、仲間を守ることで、強く頼もしく変わっていく主人公のジョンソクには、『華麗なるリベンジ』、『MASTER/マスター』のカン・ドンウォン。娘たちを守るべく、感染者に怯むことなく立ち向かう“戦う母”ミンジョンには、『バトル・オーシャン/海上決戦』など本国での大ヒット作で広く知られるイ・ジョンヒョン。20分間にも及ぶ怒涛の高速カーチェイスシーンで、ドライブテクニックを披露する娘のジュニには、韓国の天才子役イ・レ。ジョンソクの義兄を演じるのは、『哭声/コクソン』での演技が印象深い個性派俳優のキム・ドゥユン。  隙のない布陣で臨んだ本作、本国では2020年オープニングNo.1を叩き出し、アジア各国でも様々な記録を塗り替えた会心の作品が日本でも公開されます。ぜひ、劇場でご覧ください。

公開前に前作もチェック!

© 2016 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & REDPETER FILM. All Rights Reserved.

前作にあたる『新感染 ファイナル・エクスプレス』は、日本では2017年に公開された韓国のメジャー作品としては初となるゾンビ映画です。 仕事人間で家庭を顧みないソグは妻と別居中で、一人娘のスアンと暮らしていた。スアンは誕生日にプサンにいる母親に会いたいと言い出し、ソグは仕方なくスアンをプサンまで送っていくことに。プサン行きの高速鉄道KTXに乗車した二人。それと時を同じくして各所で原因不明の暴動が起き始める。そして二人を乗せたKTX101号にも、ゾンビウィルスに感染した女が乗り込んでいた。車内ではたちまち感染が広がり、二人は他の乗客達と共に脱出を試みるのだが──。というストーリー。

© 2016 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & REDPETER FILM. All Rights Reserved.

韓国では、ゾンビ映画はヒットしないというイメージを払拭するきっかけとなった本作は、カンヌ国際映画祭への特別招待作品としての出品など数々の実績を残しました。アメリカでもリメイクされることが決まっており、国際的に高い評価を受けた作品です。ヨン・サンホ監督の十八番の分野であるアニメーション作品として本作の前日譚となるエピソードも『ソウル・ステーション パンデミック』として製作されていますので、気になる方は『新感染半島 ファイナル・ステージ』の前に見るとより映画を深く楽しめること間違いなし!

公開情報

■『新感染半島 ファイナル・ステージ』
2021年1月1日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国順次公開
URL:https://gaga.ne.jp/shin-kansen-hantou/
監督:ヨン・サンホ
出演:ジョンソク:カン・ドンウォン/チョルミン:キム・ドゥユン/ミンジョン:イ・ジョンヒョン/キム:クォン・ヘヒョ/ジュニ:イ・レ/ユジン:イ・イェオン
©2020 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & REDPETER FILMS.All Rights Reserved.
配給:ギャガ

Sassy (サッシー)

直感型おでかけアプリ

あなたの「行きたい!」友達と「一緒に行きたい!」が直感で探せてシェアできる新感覚おでかけアプリ。次々にピックアップされる画像を好きかどうか、スワイプするだけで次のおでかけ候補をセレクト!簡単操作とほしい機能が詰まったあなたのパートナー。新機能「おでかけDJセレクト」ではテーマにあわせたスポットをプロのおでかけDJが厳選!知らなかったあのカフェ、スイーツ、スポットに出会おう!

AppStoreでSassyをインストールする GooglePlayでSassyをインストールする