【映画】なぜ、彼女は父を殺さなければならなかったのか?北川景子主演禁断のサスペンス『ファーストラヴ』

あなたの<愛された記憶>を刺激する、禁断のサスペンス・ミステリーが誕生。「動機はそちらで見つけてください」 アナウンサー志望の女子大生が父親を刺殺するという衝撃的な導入で始まる島本理生の小説『ファーストラヴ』を完全映画化。予測不能な結末と、タイトルの裏に隠された濃密なヒューマンドラマは2018年に発表されるや多くの話題を呼び、これまで恩田陸『蜜蜂と遠雷』や東野圭吾『容疑者Xの献身』など数々の映像化話題作が受賞してきた第159回直木賞を受賞。累計発行部数30万部を超えるベストセラーとなり、“稀代の問題作”とも称された傑作サスペンス・ミステリー『ファーストラヴ』が、2021 年2 月11 日(木・祝) 全国ロードショーとなります。

ストーリー

© 2021「ファーストラヴ」製作委員会

アナウンサー志望の女子大生=聖山環菜(芳根京子)が、著名な画家である父=聖山那雄人(板尾創路)を包丁で刺殺するという衝撃的な事件が起こる。川沿いを血まみれで歩いているところを逮捕された彼女は、警察の取り調べにまるで他人事のようにこう言い放った。

「動機はそちらで見つけてください」

その挑発的な言葉はマスコミの格好の餌食となり、連日環菜をまるでサイコパスのように扱った報道が相次ぐ。この事件を取材することになったのが、公認心理師として活躍する真壁由紀(北川景子)だった。写真館を営む優しい夫=真壁我聞(窪塚洋介)に多忙な日々を支えられ、環菜の取材にもやる気を見せる由紀だったが、環菜の担当弁護士が庵野迦葉(中村倫也)と知り顔色を変える。迦葉は我聞の弟であり由紀にとっては義弟。
かつて同じ大学に通っていた2人は、我聞も知らないある過去を共有していたのだ。

© 2021「ファーストラヴ」製作委員会

久しぶりに会う迦葉にやや気まずい思いを感じながらも、協力し合い、共に環菜の犯行動機を探っていく由紀。

「あの子はくせものだよ。心が読めない」

そんな迦葉の忠告通り、初めて由紀と面会室で顔を合わせた環菜は感情の起伏が激しく、本心を全く見せない
女性だった。急にケラケラと笑いだしたり、かと思うと暗い表情で黙り込んだり。終始環菜のペースに圧倒さ
れて終わった最初の面会に、困惑する由紀。さらに環菜の母親=聖山昭菜(木村佳乃)が、娘の弁護側ではな
く検察側の証人に立つことを迦葉から聞かされショックを受ける。なんとか環菜の心を開こうとする由紀は、週刊誌でスキャンダラスな見出しで報道されていた環菜の元恋人=賀川洋一(清原翔)の存在を知る。2度目の面会で環菜に賀川のことを尋ねると、「無理矢理押し倒されました」
と自嘲気味に告白する環菜。

「本当に好きになった男の人と、つきあったことはある?」という由紀の問いに、「ゆうじくん」というこれまでどこにも報道されていない名前をうっとりと口にする環菜。だがほどなくして、苦悶の表情を浮かべた環菜の口からは獣のような悲鳴が上がり、錯乱状態に陥ってしまう。そんな環菜を呆然と見守るしかない由紀だったが、「ゆうじ」に環菜の心を読み解く鍵があると気付く。というストーリー。

映画化へのスタート

「現代に生きる女性の繊細な心の機微を描く筆致、そして一見女性的なテーマでありながら、男性にも響く深いテーマ性とサスペンス要素。これはエンターテイメント映画として十分に成立するだろうと直感しました」そう原作の印象を語るのは、KADOKAWAの二宮直彦プロデューサー(以下二宮P)。島本理生の小説『ファーストラヴ』の映画化を、オフィスクレッシェンドの小林誠一郎プロデューサー(以下小林P)が堤幸彦監督で考えていると聞き「是非ともご一緒したい」と迷わず名乗りを上げた。映画化に際して島本が出した希望は、「堤監督ならではのエンターテイメントにしてほしい」ということ。「島本先生の作品の中でもこの小説は特に、エンタメとしての見せ方を意識して書かれたものだと思います」(KADOKAWA高木智香プロデューサー/以下高木P)原作者の意向をくみ取りつつ脚本を書き上げたのは、数々の名作ドラマを手掛けてきた浅野妙子。「北川景子さんもおっしゃっていましたが、読み終わった後に人生の澱がとれたような清涼感すら感じる。素晴らしい脚本でした」(二宮P)

主演=北川景子の覚悟とキャスティング

© 2021「ファーストラヴ」製作委員会

主人公の由紀には、今や日本を代表するトップ女優の1人となった北川景子。北川にとって念願の堤組での主演。トレードマークのロングヘアを本作のためにばっさりショートに切り、作品についての意見交換も積極的にP陣と行う。「ご本人が主演として作品を背負う覚悟もすごいし、プレイヤーでありながら俯瞰で作品全体を見ることのできる非常に意識の高い女優さんだと思いました」(二宮P)由紀の過去に関わる迦葉には、「嫌になるくらいいい男!」と監督も絶賛する中村倫也、事件を起こした張本人=環菜には「憑依型にして実力派」と二宮P以下全員が太鼓判を押す、若手人気女優・芳根京子、由紀の夫で迦葉の兄=我聞には「監督の盟友」(二宮P)の窪塚洋介という豪華キャストが揃った。またそれぞれに問題を抱えた親達を演じた木村佳乃、高岡早紀、板尾創路の怪演、他にも石田法嗣、清原翔らが環菜に絡むキーパーソンとして鮮烈な印象を放っている。

公開情報

© 2021「ファーストラヴ」製作委員会

■ 『ファーストラヴ』
URL:https://firstlove-movie.jp/
2021 年2 月11 日(木・祝) 全国ロードショー
■配給クレジット:KADOKAWA
© 2021「ファーストラヴ」製作委員会

Sassy (サッシー)

直感型おでかけアプリ

あなたの「行きたい!」友達と「一緒に行きたい!」が直感で探せてシェアできる新感覚おでかけアプリ。次々にピックアップされる画像を好きかどうか、スワイプするだけで次のおでかけ候補をセレクト!簡単操作とほしい機能が詰まったあなたのパートナー。新機能「おでかけDJセレクト」ではテーマにあわせたスポットをプロのおでかけDJが厳選!知らなかったあのカフェ、スイーツ、スポットに出会おう!

AppStoreでSassyをインストールする GooglePlayでSassyをインストールする